プロフィール

整体

1989年 4月 メディカルトレーナー専門学校卒業
柔道空手道場と一体の寮がある接骨院にて住み込みで働き、武道共に整体術を研究。
これまでに各種整体術、均整術、気功療法、操体法、各種強健術、足心道、アーユルヴェーダなどを研鑽する。
北京と上海にて中医学、薬膳、気功などを研鑽する機会があり東洋医学の見聞を広げる。
1992年 9月 東京都豊島区にて独立開業
出張中心で開業。
外出できない重症患者、多忙な起業家、芸能人などの疾病改善、健康管理を数多く手がける。
武道の身体原理から整体術を見直し研究。
「姿勢の7原則」
「姿勢がエネルギー」
「根本原因は歪みでは無く動き」
「体の歪みの根本は足首」
「足首矯正の重要性」
「頚、手首、足首は体の歪みの発散口」
「顎関節、仙腸関節、足関節は重心関節」
「丹田を活かした姿勢の作り方」等
を発見し技術体系をまとめる。
2017年 4月 「蘇活法」と命名される
整体術を受けられた日蓮正宗 霊鷲山常在寺 第38代住職が直々に『蘇活法』と名前をつけて下さる。

武道【中国武術】

1983年 9月 全日本柔拳連盟 入会 
地曳秀峰老師に師事する。
大成気功、正宗太極拳、形意拳、八卦掌
古式楊家太極拳
大東流合気武道、柳生心眼流甲冑柔
を研鑽修行する。
中国武術 五段
合気武道 指導員
1992年 4月 拝師弟子になる。
1992年 8月 気功法指導員として某フィットネスクラブにて気功法、整体体操を6年以上指導する。
1994年10月 北京にて王樹金先師記念碑設立式典に参列
八卦掌始祖、董海川先師の墓地内における王樹金先師記念碑に地曳老師門人として名前を載せて頂く。
北京八卦掌協会及び、北京意拳研究会との技術交流会に日本代表メンバーとして参加し演武する。
1996年 2月 北千住支部道場 開設
地曳老師の号令にて支部を開く。
正宗太極拳、形意拳、古式楊家太極拳、合気武道を指導。多数の有段者を育成する。
詳しくは...
2000年 4月 本部道場指導員 任命
大会実績 中華民國國武術總会 主催
2007年
中華国術世界大会 第5位
2008年
内家拳法世界大会
 団体金メダル受賞(団長を務める)
 個人 銀メダル受賞
中華武術国際誠明総会 主催 2008年
終南派国際大会
 形意拳の部   金メダル受賞
 武器(剣)の部   金メダル受賞
2012年
終南派国際大会
 形意拳の部   金メダル2連覇受賞
 武器(剣)の部   金メダル2連覇受賞
 太極拳の部   銅メダル受賞
2013年 整体の技術と理論の精査とらせんの研究活動に重きを置くため30年の節目にて指導員を辞任する。

武道【日本武道】

1992年 9月 大東社継承 修心武道会 入会
津村恵治宗師範に師事する。
武田西郷流合気武道
夢想神伝居合林崎重信流詰合
櫻田北辰一刀流
杖術、鉄扇術
全日本剣道連盟合道
を研鑽修行する。
武田西郷流合気武道 師範
合気柔術      五段
全日本剣道連盟合道 四段
全日本剣道連盟剣道 弐段
津村宗師範とは修心武道会入会以前に学生剣道部時代の出稽古先にてご指導を頂く。
剣道部顧問であった菅原東先生の命にて津村宗師範の元にて修行をする。
2005年 武田西郷流合気武道 師範認可
2019年 麻布十番に支部道場開設
明大前に支部道場開設  予定

らせん

2008年 9月 「らせん」初公開
「姿勢」と言う言葉にインドの「チャクラ」や中国の「氣」に匹敵する日本人独自のエネルギー概念に気付き、合掌姿勢から行う深呼吸の動作に合わせて、体重移動と伸び動作をする自動蘇活法「らせん」を考案。
患者さん有志の要望に応えて初公開する。
姿勢の強化により、健康増進、美容促進、運動不足解消など、多くの喜びの声を頂き、セミナー活動等で紹介していく。
2013年 短期の教室や体験会を展開
2014年 春期と秋期 練馬区から『寿大学教室』の健康体操講師を依頼されらせんを紹介。大好評を得る。
2014年11月 練馬駅前   教室 開設
2019年 1月 石神井公園駅 教室 開設
大泉学園駅  教室 開設
池袋駅    教室 開設
2019年 5月~7月 NPO法人いけぶくろ大明 主催講座
体育講師としてらせんを紹介

その他の活動

1999年 4月 身辺警護シティアーツ・アカデミー(第一期) 卒業
伝統武術の枠を超えて護身術を研究。犯罪心理学、犯罪分析、関係法令など学び護身術セミナーも活動する。
2007年 (社)幼少年体育振興協会 資格認定
日本と中国の古武道における鍛練法とは別に近代体育の所見から青少年幼児の身体訓練法を研究をする。
東京都文京区の某幼稚園にて1年間、古武道の鍛練法と幼児体育を活かした「忍者教室」を行う。

メディア

テレビ 『天声慎吾』『アッコにおまかせ』『ジャニーズJr.裸の少年』『V6オトセンⅡ』『薬丸君のイチオシ』『ヤクルト(CM)』『リーガルハイ(ドラマ:里見浩太朗氏に太極拳振り付け指導)』他
雑誌 『週刊現代』『武芸』『秘伝』『剣道日本』他

お問い合わせ